フェブラリーS回顧

「前が止まんね~」
サンライズバッカス、スタートの出が良かったので、コレハ
と期待したものの、最後伸びず。往々にして、出遅れ癖の
ある馬が好スタート決めて、終い、いつものような伸びを欠く
ことはよくあることですが、この馬に関しては実力不足と
いったところでしょうか。
このレース、カネヒキリが強かった。以上
という感じですね。
それにしても、角居調教師は絶妙な仕上げをしてくるなと。
これでドバイWCも色気が出ることでしょう。
東京9RヒヤシンスSのフラムドパシオンも強かったです。
この馬もドバイに行くとか。どこまで通じるか。
「須田鷹雄と行くドバイワールドカップ観戦ツアー」とか
行っちゃったり・・・シナイシナイ(笑)


中山記念&阪急杯回顧

【中山記念】
バランスオブゲーム、離れた3番手から抜け出す恵まれた展開も
能力全開なら力が上でしたか。休み明け走る馬ではありますが、
今回は調教がイマイチだったというので評価を下げてしまいましたが
いつも通りの走りだったようで。逆に次走以降は過大評価できない
タイプでしょうが・・・。
カンパニーは内から馬群をぬってきましたが、切れ味は光るものが
あります。馬体重が増えてきて、パワーアップしてきてるようで、
今後も目が離せない存在でしょうか。

【阪急杯】
近走、力を出せないレースが続いていたキーンランドスワンですが、
まさか勝ってしまうとは。阪神コースも合うのでしょうか。
2着にも59キロのカルストンライトオとは驚き。GⅠ制覇は伊達では
ないという。まだ体調に問題があったような気がするので、次はもっと
良くなるでしょうね。ウインクリューガーは1200m適性もありそうで。
ギャラントアローは、やはり、直線の坂が堪えたのかどうか。直線、
平坦なら巻き返しがあっても。アドマイヤマックスは外回ったにしても、
4着では。限界が見えてきたような感も。

フェブラリーS回顧

いきなり、アドマイヤドンが大きく出遅れて、「一頭消えたな」という
出だしでしたが、逆にメイショウボーラーは好スタートから、あっさり
先手をとれましたか。こうなると楽ですね。多少、飛ばして行っても
止まらないです。走りやすい馬場がプラスに作用したのもありますが、
単純に能力が違いましたね。

2,3着も先行馬の決着。シーキングザダイヤは、前走から距離短縮、
ぺリエに乗り替わって、今回はタイムパラドックスには負けないだろう
という読みがありましたが、GⅠで2着にきてしまうのですから、成長力
は凄いものがあるなと。馬体も3歳時に比べて、ガッチリしてきました。
ヒシアトラスは、平安Sがラチを抜けてくる恵まれた競馬だったので
嫌ってしまったのですが、まだ上昇度があったようで。

5着のアドマイヤドンも着差を考えれば、出遅れなければ2着争いを
していておかしくなかったとも。ダートなら、まだやれそうですが、
次は芝の大阪杯とか。正直、使い方の意図するところが
よく分からないですねぇ。
何か、他の馬は全然、印象に残らなかったんですけど、
それでいいのか、私。

東京新聞杯&京都牝馬S回顧

【東京新聞杯】
思ったより流れが緩くなってしまったので、これまでのハットトリックの競馬から
瞬発力で上回ってしまったという感じでしょうか。でも、東京コースで勝てたのは
自力の証明かもしれません。2着のキネティクスも、瞬発力勝負は向きます。
3着のグレイトジャーニーは展開に恵まれたものの、マイルはベストのよう。
アサクサデンエンは、前が開かない場面もありましたが、1,2着馬とはスケール
が違う印象。ミッドタウンは小回りコースの方がいいような。最後は騎手が追って
なかったので、次走以降、巻き返しに注意です。

【京都牝馬S】
みんな手綱をガッチリ押さえるスローな展開で、前に行っていた馬が順当に
残ったなという感じですが、唯一アズマサンダーズがいい脚で追い込んで
きました。いつもは掛かり気味で行って、最後甘くなるのに・・・。金杯で
強い牡馬と戦った経験が活きたのかどうか。それにしても、藤岡騎手の
騎乗ぶりの鮮やかなこと。最内から外へ持ち出して追い込みましたが、
右ムチで外に出して、一瞬にして左ムチに。こうムチの持ち替えを綺麗に
できる騎手はそうザラにいないわけで。今年の飛躍が期待されます。
藤岡騎手は常にマークしておく必要があるように思いました。

AJCC&平安S回顧

どうもレベルの低い重賞予想をしてしまってます(汗)
もっと、きちんと回顧をやっていくしかありませんね。

【AJCC】
ニシノサブライムとタイガーカフェが引っ張る展開で、最後は実力勝負になりましたか。
クラフトワークは4角は内めを回ってましたが、そこまでしなくても勝てていたぐらいで。
次、どこを使うかですが、気性的にチャカつくところがあるので長距離はどうかと
思います。対抗にしたグラスポジションですが、パワー負けしてるというか・・・。
もっと距離が伸びないと、このメンバーでは苦しそうです。
2着のエアシェイディは、これから強くなっていく感じ。4着のアクティブバイオは、
障害効果が出たみたいで、ハンデが軽くなったときは面白い存在でしょうか。
あと、前で厳しい競馬をした割にタイガーカフェは結構、しぶとかったなと。

【平安S】
勝ったヒシアトラスにしろ、2着のブラックコンドルにしろ、ラチ沿いをロスなく回ってきた
のに対し、外枠の馬は終始外々を回されました。それがなければ、ジンクライシスは
2着はあったのでしょうが、思っていた程の伸びはなかったようです。ジワジワ
伸びてくるタイプなので東京コース向きかもしれないですが。
ヒシアトラスは、うまく内が開いて、いつになく弾けました。本格化気配のようです。
ブラックコンドルもレースは恵まれましたが、ダート適性抜群で。逆にローエングリンは
ダートは?な印象です。特注馬としては、休み明けを掛かり気味で先行しながら、
よく粘っていたサカラートを挙げておきたいです。

京成杯&日経新春杯回顧

【京成杯】
相当にひどい道悪競馬でしたが、1,2着馬は極めて能力どおりの
結果だと思います。ここでは2頭は能力が違いました。
アドマイヤジャパン、終いはしっかり伸びてきます。しかし、
同馬をPOGに指名しているものとして、スタートの出の悪さが
クラシックで響きはしないかと心配ではありますね。
シックスセンスも、1コーナーで外にふくれていたし、勝ち馬と
遜色ない力はあるのかもしれません。相変わらず、レースぶり
は器用さがなく、嵌まればという条件がつきそうな感じはします。
見所があったのは、ジョウノビクトリア。最後、もう一度伸びて
きました。牝馬どうしなら、いいとこがありそうな印象です。

【日経新春杯】
断然人気のナリタセンチュリーは、4角すぎでサクラに何度も
ぶつかってしまい、終わってしまいました。競馬なので、
アクシデントはつきものとはいえ、すっきりしない結果です。
馬券的には、断然人気馬は買ってはいけないという教訓
のようなレースでもありましたか。対して、ぶつけられた
サクラセンチュリーは力強い差し脚を見せました。完全に
本格化してるようです。当然、今後も期待でしょう。
3着のストラタジェムは、いかにも長距離が合いそうな感じで。
春の天皇賞に出走できたら、伏兵としておもしろい存在になる
のではないかと。そのストラタジェム、前走でエアセレソンには
完敗してましたが、距離が伸びて逆転。距離適性の大事さを
痛感したしだいです。

競馬の話題なら、ここから!!(人気blogランキング)

ガーネットS&シンザン記念回顧

【ガーネットS】
勝ったメイショウボーラー、引っ張りきれない手応えで3番手、
あとは直線抜け出すだけと、格が違うといった感じでした。
これが芝だったら狙えてたのにと思うと残念。ダート適性は
文句なしですが、1200mの適性も示したことだし、GⅠの
高松宮記念にしっかり標準を絞ってもらいたいところです。
本命のサミーミラクルはペースについて行けず、最後は
人気薄のエンゲルグレーセにも差されてしまう有り様。
まだ荷が重かったようで・・・。

【シンザン記念】
スローの上がり勝負。大外からペールギュントとマイネル
ハーティーが併せ馬の形で追い込んできました。
普通、大外回すと距離のロスになりますが、今の外が
有利な京都の馬場なら不利にならずで、直線は伸びると。
直前を向いた時点で、2頭で決まりではありましたか。
レースリプレイで、馬の走っている土のあがり具合を
見ても、内より外の方が少ないですからね。かなりのバイアス
があるのではないでしょうか。その点、内を突いてきた
タガノデンジャラスは6着と頑張っていたので、次狙い目も
あるのかなと思ったりします。

競馬の話題なら、ここから!!(人気blogランキング)

金杯回顧

【中山金杯】
本命のアルスブランカは、アオって先行できず、直線はつまり気味
とチグハグな競馬。体調もまだピリッとしたところがないですかね。
大きく出遅れしてしまったのがアサカディフィート。出遅れなければ
きわどい勝負になっていたのでしょうが、出遅れグセがついて
しまっては今後、買いづらいです。
勝ったクラフトワークは内々を回ってくるパーフェクトな競馬。でも、
馬体は目立つものがあるし、順調ならまだまだ上が望めそうですね。
展開的に先行馬にとって、3コーナーから追いどおしと、キツイ流れ
になりましたか。その割にはエイシンチャンプはよく粘ったなと。
逆にマイネヌーヴェルは嵌まった感も。

【京都金杯】
紐にアルビレオ、アズマサンダーズが拾えたのは多少進境か、
いやいや、たまたまですね。このレースはハットトリックの勝ちっぷり
だけが目立った感じで。ゴール前はまだ余裕があったし、どこまで
いくのでしょうね。マイル戦線でデュランダルあたりと好勝負する
存在になるかどうか。ハットトリックと同様、大外回って勝った
10Rのエアセレソンといい、京都は外の方が伸びるなと。

競馬の話題なら、ここから!!

東京大賞典回顧

いきなりパーソナルラッシュとカフェオリンポスの出遅れで
予想としてのハズレが決定してしまいました(汗)
今日の大井は逃げ馬を買っていれば大丈夫みたいな
馬場でしたので、前へ行けないと苦しいです。
結局は、イッタイッタの1,2,3着と、トラックバイアス
を最優先して考えなければいけなかったという感じですね。

アジュディミツオー、あっさり逃げ切ってしまいましたか。
外枠でも、行ききってしまうと不利にはならないんでした。
って、後の祭りですが。まだまだ板についてないですねぇ。
ちょっと前途多難なものを残しつつ、来年へ向かいます。

競馬の話題なら、ここから!!

有馬記念の回顧

終わってみれば、潜在能力の高い順に決まったという感じで。
タップダンスシチーは、すんなりハナが切れ、ゼンノロブロイは
2番手のラチ沿いを通るという万全の競馬をされては、後続は
なす術なしですか。タップダンスシチー、楽に逃げれる展開が
予想できていながら、無印にしてしまったのはマズかったと反省。
ゼンノの秋3戦、ぺリエの騎乗ぶりはあまりに完璧で、芸術的な
ものさえ感じてしまいました。

本命にしたデルタブルースは、JCのときのゼンノロブロイとの
着差は詰められなったようで。現状、このくらいの力とも言え
ますが、最後まで踏ん張っていたところをみると、来年の春の
天皇賞あたりは期待がもてそうな印象です。

それにしてもコスモバルク、本当に抑える競馬をしてしまいましたか。
結果的にバルクの持ち味を消す形になってしまったのではないかと。
折角の内枠だった訳だし、いつもの先行する競馬なら、掲示板には
載っていておかしくなったような気もしますが。やはり、一流騎手
が乗った方が、色々言われなくてもすむというのはあるでしょうか。

今年の重賞予想は、イマイチ締まらない状態で終わってしまいました
が、来年はトリップの概念などを入れたもっと綿密な予想をして
いこうかなと。はじめは的中率が落ちそうですが、少しづつものに
なっていければ・・・・。

競馬の話題なら、ここから!!

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31