« 競馬予想(2010.3/7)の結果 | トップページ | 競馬予想(2010.3/13) »

音階が弾ければいい

本「プロフェッショナルの条件」を読み終わって、一番勇気を
もらった言葉は、これですかね。

「私は、成果をあげる人間のタイプなどというものは存在しない
ことをかなり前に気づいた。私が知っている成果をあげる人たち
は、その気性や能力、性格や知識や関心において千差万別
だった。共通点は、なすべきことをなし遂げる能力をもっていた
ことだけだった。」

成果を残すような人は、坂本龍馬のような人でないとムリ
みたいな固定観念があったかなと気づかされます。
「自分はコミュニケーション能力がないからなぁ」と諦めの
気持ちがなくはなかったですが、そうとも限らないかと
思わせるものでした。人それぞれ良い所は違う訳ですから。

今の日本の閉塞感を予期してか、日本人に対するエールの
ような、あたたかいものを所々感じましたね、この本では。

« 競馬予想(2010.3/7)の結果 | トップページ | 競馬予想(2010.3/13) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競馬予想(2010.3/7)の結果 | トップページ | 競馬予想(2010.3/13) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31