« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

今年後半のGⅠをふりかえって

スプリンターズS
◎スリープレスナイト  ①着
○キンシャサノキセキ  2着
▲ビービーガルダン   3着
△ファイングレン
△カノヤザクラ
△スズカフェニックス

秋華賞
◎トールポピー
○レジネッタ
▲ブラックエンブレム ①着
△ムードインディゴ   2着 
△エフティマイア
△マイネレーチェル
△オディール

菊花賞
◎ロードアリエス
○ベンチャーナイン
▲オウケンブルースリ ①着
△ノットアローン
△マイネルチャールズ
△スマイルジャック
△ダイワワイルドボア

天皇賞
◎ウオッカ       ①着
○ディープスカイ    3着
▲ダイワスカーレット  2着
△アサクサキングス
△サクラメガワンダー
△カンパニー

エリザベス女王杯
◎カワカミプリンセス 2着       
○ビエンナーレ
▲ポルトフィーノ
△ベッラレイア     3着
△リトルアマポーラ  ①着
△レインダンス

マイルチャンピンS
◎スーパーホーネット 2着
○カンパニー
△スズカフェニックス
△ブルーメンブラッド  ①着
注ラーイズアトーニー

ジャパンカップ
◎ディープスカイ    2着
○ウオッカ        3着
▲マツリダゴッホ
△メイショウサムソン
△トウホウアラン
△ペイパルブル
△アサクサキングス

ジャパンカップダート
◎サクセスブロッケン  
○ヴァーミリアン     2着
▲カジノドライブ
△ティンカップチャリス
△カネヒキリ       ①着

阪神ジュベナイルF
◎ワンカラット
○ブエナビスタ    ①着

朝日杯フューチュリティS
◎フィフスペトル     2着
○シェーンヴァルト
▲ブレイクランアウト  3着
△セイウンワンダー  ①着

有馬記念
◎ダイワスカーレット  ①着
○アルナスライン
▲マツリダゴッホ
△スクリーンヒーロー
△エアシェイディ     3着


◎の勝率は27%(11/3)、連対率は64%(11/7)。
勝った3頭とも1番人気だったので、単勝トータルでは赤字ですね。
連対率としては悪くないので、馬券としては3連単の1,2着づけとか??

天皇賞のウオッカや有馬記念のダイワのように頭で堅いときは別として、
秋華賞のブラックエンブレムのような穴馬を本命にもってこれる大胆さが
欲しいところです。

朝日杯は相手をよく絞れたレースだったなと。スプリンターズSや天皇賞も
もっと相手を絞ってもよかったです。相手が絞れるときは、バッサリいって
しまうことも必要でしょう。

最近、GⅠではJRAのHPで調教が見られることもあり、多少は予想の精度が
上がってきているような感覚もあったり。重賞予想は、まだまだ素人の域を
出ませんが、来年も全部ではありませんが重賞の予想を続けていこうかと
思います。

有馬記念回顧

スタートして、横山騎手のカワカミプリンセスが2番手に抑えた
時点で、もうダイワスカーレットの勝ちは大体見えたような。

楽に逃がしてもらえるとなると他の先行馬は辛いものが。
「強い馬が後続を掃除して、無欲の人気薄の追い込みが
決まる」ありがちなパターンが出てしまいましたか。

そういったシナリオも頭に浮かんでいたのですが、そこまで
踏み込めなかったのは、まだ足りない部分があるなぁと。
有馬記念は”何でもあり”な面も、ちょっと残ってましたか。
また来年の有馬記念で活かすとしましょ(笑)

有馬記念の、その前に

昨日夜は、有馬記念の予想だけで
私が疲労困ぱい状態になってしまいました(笑)

土曜の中京8Rで運を使い果たした感はありますが・・・。

□12/28(日)の狙い

中山5R 500万 ダ1800m
◎ 7 ダイワライトニング

中京8R 500万 芝1200m
◎ 6 ニューホープ

有馬記念予想(2008年)

中山10R 有馬記念(GⅠ) 芝2500m

有馬記念は、やはり、前に行っていた方が有利であろうと。
あと、疲労の度合い。連戦で消耗していない馬がいいです。

ダイワスカーレットは、思いどおりの先行はできそうで、
能力勝負には持ち込めそうです。天皇賞の疲れも
間をあけてとれているであろうと。

マツリダゴッホやスクリーンヒーローなどの有力馬も
早めの競馬をするでしょうが、ダイワを交わせるかどうか・・・。
それなら、ぺリエのアルナスラインも叩き3戦目で差は
なかろうと。あと、天皇賞で差のなかったエアシェイディ。
こちらは7歳馬で、さらなる上昇は疑問なだけに連下に。

◎13 ダイワスカーレット
○ 7 アルナスライン
▲10 マツリダゴッホ
△ 8 スクリーンヒーロー
△ 6 エアシェイディ

有馬記念展望、など

さすがに有馬記念は注目度が違いますねぇ。
検索エンジンからのアクセス数が桁違いで・・・。
って、2008年の予想はまだ出してないんですが(汗)

有馬記念の予想は後ほどアップしますが、
ダイワスカーレットは仕方ないかなと。
有馬では過去に、メジロマックイーン一本被りのとき、
ダイユウサクで痛い目にあっているので、”有馬記念は何でもあり”
という印象は強いです。それでも希代の名牝を思わせるレースを
してますからね・・・。

もしかしたら、メイショウサムソンに、オグリキャップパターンが
あってもと密かに期待してましたが、調教で上がり目をあまり
感じないんですよね~。やっぱり、引退前の馬なのかどうか??

あれこれ、もう少し悩んでみますかね。
有馬記念は予想するのが楽しいですから。
結果は別にして(笑)

□12/27(土)の狙い馬

中京7R 500万 芝1200m
◎18 ジョウノガーベラ

中京8R 500万 ダ1700m
◎ 5 イマカツタイガー

。。。。。
☆今日の穴馬

阪神2R 未勝利 芝1600m
▲12 スマーティーダンス

朝日杯FS回顧

阪神7Rのモエレサマー、スタート直後の落馬には参りましたねぇ。
こういう負け方は結構引きずってしまいますcoldsweats01


朝日杯、フィフスぺトルはまだ脚があっただけに惜しいというか・・・。
直線で前が空くのに手間取りました。ワンテンポ仕掛けが遅れた分
の差とも。馬の雰囲気が凄くいいので、これからも注目できそうです。

それにしても、セイウンワンダーの勝利は驚きでした。
パドックでも歩様に力強さが感じられず、徐々にイレ込むという
休み明けの影響ありありの状態が感じ取れただけに。
これで勝つのですから、奥行きの深い馬なのでしょうね。

ホッコータキオンは、レースの途中で動いていまいましたので、
まだ変わる余地はありそうな。これで一流騎手への乗り替わりも
考えるのではないですかね。
シェーンヴァルトは脚長の体型から距離が伸びていいタイプ
なのかもしれません。

朝日杯FS予想、など

□勝負レース

中京1R 未勝利 ダ1000m
◎10 リネンピュア

中山4R 未勝利 ダ1800m
◎ 4 ローレルセラヴィ

阪神7R 2歳500万 ダ1200m
◎10 モエレサマー

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

中山11R 朝日杯フューチュリティS 3歳GⅠ 芝1600m

まず目が行くのは逃げ馬の多さですね。
乱ぺースもありそうなので、狙いは差し馬を選びたいところ。
シェーンヴァルトか、フィフスペトルのどっちを取るかですが、
GⅠだと騎手の巧拙が出やすいと思うので、ルメール騎手の
フィフスペトルの方が安心感があると。
相手は逃げ馬を切った形で。

◎11 フィフスペトル
○ 2 シェーンヴァルト
▲ 5 ブレイクランアウト
△ 3 セイウンワンダー

肝をつかめば

最近、狙い馬が人気傾向で消極的だったかなと。
そこそこ人気薄が当たってないとトータルで
プラスにはなりませんし・・・。

”確率が高くて、人気がないとき”が絶好の賭け。
そういった数少ないチャンスをいかにモノにできるかが、
勝負の分かれ目になる・・・

って、分かっていても、なかなか出来ないんですよね~(汗)

12/20(土)

□勝負レース

阪神3R 未勝利 牝 芝1600m
◎18 タフネスデジタル

。。。。。
☆穴馬

中山3R 未勝利 芝1600m
▲10 インファティック

阪神ジュベナイルF回顧

ブエナビスタ、ディープインパクトを思い起こさせるような勝ち方で。

パドック、ワンカラットは夏場から使われてきたせいか動きが硬く、
ブエナビスタはバネのありそうな柔らかい動き。

レースでは、ワンカラットが馬群の中で口を割って折り合いを欠いた
のに対し、ブエナビスタは馬群の後ろから行って揉まれなかったのは
恵まれた点ですが、直線の脚をみると、そういうのも関係ないですかね。

今回、ブエナビスタはスピード指数で80を越えですか。80を越えると
一流馬の証明みたいな。ウオッカのように牡馬とやっても勝ち負けできる
馬になるかどうか。一応は3冠を狙えるような器なのかもしれませんね。

阪神ジュベナイルF予想、など

中山は、このまま雨の状態が続けば、
前残りの競馬が期待できそうですが。

中山8R 500万 ダ1200m
◎13 シンボリシュタルク

。。。。。。
穴ウマ

中山11R GⅢ ダ1200m
▲ 4 トロピカルライト

中京12R 1000万 芝1200m
▲13 ランチボックス

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

阪神11R 阪神ジュベナイルF(2歳GⅠ) 牝 芝1600m

牝馬の目玉、ブエナビスタには只ならぬものを感じています。
出遅れ癖が気になりますが、能力でカバーできるかどうか
注目したいところです。
妙味がありそうなのは、岩田騎手に替わったワンカラット。
前走は、スローで差せなかったもので評価を下げるほどではありません。
他、よく分からないので絞った形で。

◎12 ワンカラット
○13 ブエナビスタ

今日の狙い

レーシングビューアーの無料版で全レース見れるように
なったのは助かりますが、画面が小さいですからねぇ。
ま、このくらいは、ずっと提供して欲しいものです。

中山3R 未勝利 芝1200m
◎ 7 コスモクラッペ

。。。。。
穴ウマ

中山10R 1000万 ダ1200m
▲ 2 レッドスポーツカー

中京10R 1000万 ダ1700m
▲12 エイシンハンコック

阪神11R OP ダ2000m
▲14 マルブツリード

最近のニュースをみて

ついにソニーまで、社員1万6千人の削減を予定ですか。
それにしても、大企業が派遣社員や期間従業員を、いとも簡単に切ること。
ここ数年で企業の財務が改善されているところは多いですし、株主配当は
減らさないところも少なくないわけですから、そこまでする必要があるのかどうか。

景気は循環しますから、また何年か後に人手が必要になるはずです。
安易に社員の首を切る経営者は、真の経営者とは言えないと思います。
景気が悪くなったからといって、そのたびに人員整理していたのでは
長い目でみて企業価値が高まるはずがありません。

来年も景気は厳しそうで、もしかしたら一段のドル安もなくはないと。
企業が、窮地に達したとき、どう行動をするか?
それが今は企業価値をはかる上で、ひとつの踏絵に
なるのではないかと考えています。

ジャパンカップダート回顧

サクセスブロッケンは、パドックでチャカついていて、「大丈夫かぁ」という。
レース直前の映像では、かなり汗がポタポタ落ちていたので、嫌な予感は
しましたね。レースでは折り合いがつかず。前走で強引にハナを切ったので
変なクセがついてしまった感も。ま、来年になれば、気性も落ちついてくる
とは思いますが・・・。

ここで、カネヒキリが勝つとは意外で・・・。普通は長期休養だと元の力は
なかなか戻らないですが、今回の時計から言って、むかしの力をほぼ
取り戻してるような。さすが角居厩舎としか言いようがないですね。
ヴァーミリアンは自分の能力は出しきっているとは思いますが、
武騎手だったら、また違う競馬をしていたのではないかという気もしたり。

ジャパンカップダート予想、など

阪神9R リーチザクラウン、ここ使いますか。
単勝1.1倍??
まぁ、つかまっているだけですかね~。

阪神8R 500万 ダ1400m
◎ 5 グランドラッチ

。。。。。
穴ウマ

阪神10R ゴールデンブーツT 1000万 芝2000m
▲13 キクカラヴリイ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

阪神11R ジャパンカップダート(GⅠ) ダ1800m

ヴァーミリアンを破る馬がいるかが問題ですねぇ。
JBCクラシックで差のなかったサクセスブロッケンは
ハナを切るまで多少無理をしましたので、今回、好位の
競馬なら。春先から注目していた馬なので応援を込めて
本命に。

カジノドライブ、馬っぷりはピカイチですね。だた、砂を被ると
嫌がる面があるとすると、多頭数の競馬では不安もあります。

外国馬は右回りというのもあり、先行すると思いますが、
どこまで粘れるかですね。ティンカップチャリスは小気味いい
走りで小回りは合いそうですが、逆にフロストジャイアントは
大跳びでどうかなという気はしますが・・・。

カネヒキリは、前走追えなかったので変わる要素はあるでしょうが、
全盛期の期待をするのも酷かなと。

◎ 7 サクセスブロッケン
○ 6 ヴァーミリアン
▲11 カジノドライブ
△ 8 ティンカップチャリス
△10 カネヒキリ

鳴尾記念予想、など

先月からはじめた穴馬狙いも、先週やっと2発目が出て、
いいときに来てくれたという・・・。1ヶ月に一回ぐらい
来てくれるといいですが、そうもいかないでしょうね。

阪神3R 未勝利 芝2000m
◎ 2 シルクダンディー

中山8R 1000万 ダ1200m
◎ 4 スナークユーチャン

。。。。。
穴ウマ

中山11R ステイヤーズS(GⅡ) 芝3600m
▲ 16 メイショウカチドキ

阪神12R ゴールデンスパーT 1600万 ダ1800m
▲ 7 ナムラクック

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

阪神11R 鳴尾記念(GⅢ) 芝1800m

戦った相手を考えればサクラメガワンダーで中心は妥当だと。
ホワイト騎手のフライングアップルが配当的には面白いかなと。

◎16 サクラメガワンダー
○ 3 キャプテンベガ
▲ 1 トウショウシロッコ
△12 フライングアップル
△13 ナムラマース

プロフェッショナル 仕事の流儀

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に武豊騎手出演ということで
見てみました。国内にとどまらず、海外にこだわって、凱旋門賞に挑戦し
続ける姿がメインでしたか。

フランスもそうですけど、ヨーロッパの競馬は独特なものがありますね。
むかしの野山を駆け回るような競馬の雰囲気が残っているような・・・。
レースでは、一団で走っていくこともあり、序盤のポジション取りの激しさが
あるようで。武騎手のように強引さがない騎手は厳しい面もあるのだろうと。

とはいえ、今現在、凱旋門賞を勝ててないからといって、武騎手の”馬の負担
を少なくして、馬の自主性を引出す”乗り方が通用しないとまでは思わないです。
対極の乗り方として、いわゆる豪腕。騎手がいやでも馬を走らせようとする
やり方もあるでしょうが、長い目でみて、どちらが良いかは何とも言えないと。
馬の性格によっても違うでしょうから。

ひところ武騎手、「大井では勝てない」なんて言われていましたが、今では
そんなこともないですからね。いつか、フランスでも克服してしまう日が来ても
おかしくは・・・。その辺は神のみぞ知るの世界でしょうが。

武騎手「20年間悩みっぱなしですよ」とのこと。
それを予想する方も悩みっぱなしですよ(笑)
武騎手、騎乗したレースのVTRチェックは、しっかりやっているみたいで。
「負けを無駄にしない人が、人よりちょっと勝てるのでは」
とは、さすが、プロフェッショナル。

ジャパンカップのレース回顧

直線、「ディープスカイで差せそうだな」が、あれよあれよで
スクリーンヒーローが凌ぎきってしまうとは・・・。
終わって、スクリーンヒーローも「先行差しタイプだったか」
なのですが、調教も軽めだったし拾えなかったですね(汗)
大きな変わり身をみせる馬を見抜くのは難しいところです。

同日、6R 500万条件の芝2400m戦の1000m通過が61.2、
ジャパンカップが61.8ですから、いかにスローペースだったか。
展開が少なからず結果に影響したのではないでしょうか。
スクリーンヒーローは、すべてで嵌まったとも言えそうですが、
デムーロ騎手の騎乗姿勢の低さ、空気抵抗を極力なくした
騎乗が最後、大きくものをいったような感じはしました。

ディープスカイは、4角ずいぶん外を回されましたので、
一番強い内容ではあったと。競馬では必ずしも強い馬
が勝つとは限らないというのはありますからね。
ウオッカは、パドックの印象では体調が下降気味では
ないかと感じたので、その辺の影響があったのかどうか。
次は、危険な香りもしますので、どうしますか??
マツリダゴッホは有馬記念に向けて視界良好のような。
JCがスローだったので、疲れもあまり残らないでしょうし・・・。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31